カテゴリ:J-Tripper( 138 )

* ScooterとbackpackでRoadtrip。

半世紀以上歴史のあるベスパブランド。イタリアで生まれたこのスクーターはイタリア・ヨーロッパだけではなく世界各地へ輸出されるに留まらず、歴史の中で各地で生産されていました。その結果、各地でベスパのファンも生まれ日常の足から趣味性の高いもの。そして、あらゆる層に大切にされている乗り物。また、オートバイに触れていなくてもそれを見れば、ベスパだよね。と、分かるくらいスクーターでは馴染み深い乗り物。

 このブログでは、私がベスパがかつて生産された国を中心に訪れ、そこにいる“ベスパ乗り”と乗り物を通して交流したものを書き残しています。そこでは暖かく迎えてくれる言わば仲間がいて、乗り物以外にもその国の人間性や文化、生活スタイルを肌身で感じています。また、コンタクトがあれば自分の住んでいるこの国で彼らにしていただいて嬉しく思ったこと、自分の生活時間を一緒に過ごして違った角度、新しい日本を発見をしてもらえたらと思っています。


= ブログカテゴリーの説明 =
J-Tripper(日本での出来事) 
KANPAI!(日本を訪れた方々との出来事)
CHEERS !(アメリカの出来事)
KANPEI !(台湾の出来事)
A LA VOTRE !(フランスの出来事)
CHUKBAE !(韓国の出来事)
YO !(ベトナムでの出来事)
CINCIN !(イタリアでの出来事)
PROST!(ドイツでの出来事)

= ScooterとbackpacでRoad trip =
 生活でフットワークを軽くさせてくれるオートバイ。中でもスクーターは便利な乗り物。そんなスクーターでも休日にはガレージに止めている愛車でツーリングに出かけるのもまた、非日常へ連れ出してくれる楽しい乗り物。とはいえ、空気や景色の素晴らしい場所へ行くには時間が足りない、都心の渋滞を抜けても戻るのもまた渋滞と、ガレージが出発場所になるとどうしても制約が生まれてきます。そこでよりフットワークを軽くさせ、オートバイで走る時間を楽しむのに、より大きなオートバイを所有してみたり、現地まで公共交通を利用し現地でオートバイを借りて出発する方法もあります。

 私もタイプが異なるスクーターを複数所有し、それらで近場から遠くまで出かけたり、時には空港へ向かい飛行機を乗り継いで現地でスタートさせることもあります。そのようなツーリングも今までに無い時間を生まれて楽しいものですが、細かなアイテムにもちょっと目を向けるだけでより一層楽しい時間を過ごすことも可能になります。しかし、そのオートバイの専用アイテムであったりバイクに乗っている時間のためではなく、公共交通を利用しての移動中や、その前後のバイクに乗っている時間、そして、普段のスクーター生活で使える旅行のアイテムを紹介します。ただ、メーカーや価格は記載していませんので、記事を参考にしてご自身のスタイルにあったものを探したり、購入店でご相談してチョイスしていただけると幸いです。また、レンタルバイクなどを利用する、そんなツーリングの方法も提案できたらと思います。


* 車種を選ばない汎用ポーチ。 カバンの中もボックスの中もゴチャゴチャの小物をすっきり収納。
* コンパクトなギア。  使用頻度の少ないかさばる荷物はよりコンパクトに。
* ビッグなバッグ。 荷物を一まとめにし、スマートに荷物を預けましょう。
* コンパクトカメラ。 旅の思い出写真。
* アイディアと工夫の積載量UP。 出発前の準備の楽しみ。
* バイクで空港へ。  バイクで空港にアクセスできるのです。
* オフロードの準備。 景色も天気も変われば、道もみるみる変わります。
* ヘルメット入れにエコバック。 ちょっとしたときのヘルメットの持ち運びは身近なもので。
* ツーリングの予習教材?。 出発前に、気持ちが盛りあがるアイテム。
* 旅行のお土産。 それもまた、土産話になります。 
* 飽きないオートバイ。 乗っていてもつまらないオートバイは家に帰るのも早い?。
* ハンドルマウントステイ。  ナビやスマートフォンで地図などをすぐに確認できると便利です。
* キーチェーン。  鍵の抜き忘れ、落し物はドキドキします。
* スマートフォンケース すべての不注意からスマートフォンを守ります。
* ヘッドセット。 ツーリングの楽しみはみんなで。
* レンタルバイクの利用。 たまには電車や飛行機に乗ってツーリング。
* 国内レンタルツーリングの企画。 普段は足を伸ばせない所もこの時期に。



 きっと、一目惚れをしたり乗り継いだ末見つかった一台の愛車。バイクを趣味に乗る方であれば今所有しているバイクはそのような一台と言う方が多いかと思います。そんな愛車で一緒に色々な場所へ出かけたいのは皆さん同じ。自分の足となり楽しみの時間を共有することになる自分の愛車。自分のバイクだからこそ、出来るちょっとした施しが移動を楽にさせ、楽しくさせてくれる時間が増えると思います。近場のツーリングはもちろん、数日に掛けて遠くに出かける際に便利なアイテムを紹介したいと思います。このメーカーのこの商品が良いという表現はしていませんので、気になるアイテムがありましたら、お店や周りの方に相談したり、リサーチして自分にマッチするものをチョイスしてください。

*立体メッシュシートカバー。 これで真夏の蒸れ解消は間違いなし!?
* ヘルメットのベンチレーション。 頭を冷やして快適ライディング。

More
[PR]
by somemore | 2017-12-31 23:59 | J-Tripper

* 気が付けばファイルもいっぱいに。

2013年より雑誌でページを設けていただいた所はコピーをしてファイルにしています。ある程度掲載が増えてきてからコピーをしてファイルをし始めましたが、その時はまだまだ空きページがあると思いました。先日発売されたスクーターデイズでも関連項目が掲載していただいたので、ようやくコピーを取ってファイルをしようと思ったらいつの間にか空きページが一杯に!。ついでにとファイルしていたところを開けて入れ直しをしました、、、(汗。

b0146734_21195822.jpg
*ページがいっぱいあって、薄いファイルを探そうとすると意外にないかも!?。


基本的に海外のバイク乗り(ベスパ乗り)と交流があった時に写真とともにレポートをさせていただいていました。初めの2013年はアメリカはシアトルでのモペッドミーティングの様子。この2年前にも参加をし、その時は同じ類の乗り物にも関わらず、その世界観の違いの大きさにただただ驚くばかりです。縁があり2年後のミーティングにも参加をすることが出来、その様子をレポートさせていただきました。徹夜明けの本人写真と紹介を見ますとまだ25歳のようです(笑。

b0146734_21200626.jpg
その後、FBのツールを手に入れよく連絡を取り合う台湾の友達が出来、よし、何はともあれ行ってみようと思い台湾に行った時の記事が次の回でした。そこからです。ベスパの世界ってこんなに広くて面白いんだと思ったのは。自分の知らなかったバイク(ベスパ)の世界や彼らの住んでいる国をこんなにも知ることが出来る機会を与えてくれる乗り物なんだと。



b0146734_21200676.jpg

その後、正式にベスパクラブに入会し、ネットワークを広げていきました。自分がその国に訪れるだけではなく日本を訪れる海外のベスパ乗り達もいるようで、日本ではあまり馴染みはありませんが海外、彼らの世界観的には普通のことでもあるようです。私も海外でそれを経験をして、させていただいて来たので日本でも普通に受け入れています。何よりも、せっかく日本に来たのだから日本をよく知っている自分たちが日本の隅々を紹介したいじゃないですか!。

世界といってもその国と地域でとても広いので、ベスパが生産された土地を中心に訪れるというテーマで今も活動を続けています。2013年から2017年まで約4年間(一年ほど?空いていた時期もありましたが)、なんだかんだ毎号いろいろな形、カラーページで様々な国のベスパ乗りとの交流というテーマで関わらさせていただきました。そんなことが出来るのもベスパだからこそだと思います。

雑誌をしまう前に自分のページをコピーしファイルをしていたら、約4年間続けることが出来て、続けさせていただいてありがたいです。
なんて、そんなことを思いました。
たまに、記事を読んで頂いた声や感想を実際に聞くと嬉しく思います。本当に、いつもありがとうございました。

[PR]
by somemore | 2017-06-23 21:45 | J-Tripper

* Vespa Club Denner Party!。

 会社での仕事も大詰めを迎えており、なかなか忙しい日々を過ごしていますが、本日はベスパクラブ東京のディナーパーティーに夫婦で出席をしました!。事前に遠方のメンバーにも声をかけていましたが、最終的には平日の夜となってしまい仕事の都合で行けなかった方も多くいたようです。楽しみにしていた方も多かったようですが、またこのような機会が設けられたらと思います。

b0146734_06040299.jpg
*お店のサイズ感、雰囲気もイタリアの食堂といった感じです☆。

b0146734_06035333.jpg
*オーナーさんのご厚意に甘えて店先にて記念写真です☆。

b0146734_06042766.jpg
*今回参加された方にはこのようなテーブルカードも用意されました☆。




More
[PR]
by somemore | 2017-06-06 23:59 | J-Tripper

* ScooteDays No43発売!。

本日、クレタパブリッシングよりスクーターデイズが発売されました!。
今号は、海外に行って海外のベスパ乗りとの出会いレポートはありませんが、3月にベスパクラブ東京で開催されていたRUNイベントの様子ではドイツのSIP Scooter Shopのメンバーとロシアのサンクトペテルブルクのメンバーが参加した様子が記事となっていました。その際はピアッジオグループジャパンの代表の方も参加し、熊本からもメンバーが合流しホスト役に買って出ていただき良い思い出です。
b0146734_06141905.jpg
*表紙はHondaのX-DAVが目印!。


b0146734_06142060.jpg
*RUNの様子以外にも、外国人勢のアンケート形式のインタビューも紹介されておりました。


今回、海外交流以外にも4月に訪れたTaiwan Int’l Motorcycle Industry Show(台湾国際オートバイ見本市)の様子をレポートしました。身近なところで日本のモーターサイクルショーとの様子の違い、このショーならではの見どころなどを紹介させていただきました。

b0146734_06142015.jpg
*すでにチェックしていただきて、気が付いた方もいらっしゃるかたもいらっしゃるかとは思いますが、このページではそのまま自分の文章で掲載されております♪。

b0146734_06142031.jpg
*文章も写真も満載です!。

日本でのショーもオートバイメーカーの出店が多いので見どころ満載ですが、海外のショーも見てみるとなかなか面白いものです。紙面ではページの制約もあるため詳細までは書ききれませんが、”週末弾丸台湾モーターサイクルショー。”と題して自分のブログにて週末にショーに行ってしまおうと!書きましたので、来年は!という方がいらっしゃいましたら参考にしてみてください。ちなみに、今年もこのブログに紹介しているとおりの内容の行動でした♪。
http://tsucchee.exblog.jp/25657987/


今回、発売されてから自分自身にじっくり雑誌を読む時間があり半分くらい一気にしっかり読み切ってしまいました。個人的に気になって読んでみたいところが多く読みごたえがありました。季刊誌なので残りは次の発売までにゆっくり読みます(笑。個人的には、台湾モーターサイクルショーレポートの次にも別の方の台湾でのオートバイ事情が紹介されており、似たような着眼点からほかの人だとどのような興味着眼点で紹介しているのか?。インターネットで何となく知っているけれど、あまり深読みしていなかったWheelie Kingのこと。あれっ、この雑誌、ベスパに関することも比較的多いですが、台湾に関することも多いような??と思うNo43号でした。普段自分の生活圏である関東以外の各エリアのツーリングやイベントレポートも他はどのような雰囲気、内容でやっているのかと興味がわき今回はボリュームがあったと思います。今回、雑誌の顔ともなり巻頭で紹介されているX-DAVのインプレッションも数ページに渡っているのでそこも見どころと思います。


雑誌を読んでいて、身近なところも多いせいかみんな本当にアクティブだなと感じさせました♪。

[PR]
by somemore | 2017-05-27 23:59 | J-Tripper

* Italia・Amore・Mio!2017。

 昨年に引き続き、日伊国交樹立150周年記念イベントが六本木ヒルズで行われました。メインの年ではないので、規模こそは小さくなっていましたが、遊べる箇所もあり、各所でお土産あり、イタリアの製品が多く展示されている中でいろいろ聞いてみると、なるほどというところもあり、充実した時間でした♪。

b0146734_06160731.jpg
*会場はココ、六本木ヒルズ!

b0146734_06160364.jpg
*記念Tシャツもゲット!。ICCJのFBにイイネ!をしておくと割引されます♪。


b0146734_06160588.jpg
*ベスパのブースもありました!。こちらでもFBにイイネ!をすると、プレゼントがありました☆。


More
[PR]
by somemore | 2017-05-21 23:59 | J-Tripper

* Instagramにて公開中です!。

ブログのテーマでもある、世界のベスパがある日常の様子をベスパが生産された国を中心に実際に訪れて巡っていますが、国内の写真も交えながらInstagramにて公開を始めております♪。

b0146734_21153563.jpg
Instagramアカウントをお持ちの方はぜひチェックしてみてください。同じベスパという乗り物でもその国で文化も価値観も違ったりしているのでいろいろな表情を見ることができると思います。
また、旅先での写真はその国、その土地の風情も伝わってくると思います。

Instagramアカウント
scooter_backpack_roadtrip

ハッシュタグ
#scooterとbackpackでroadtrip

是非チェックしてみてください!。


[PR]
by somemore | 2017-05-13 21:21 | J-Tripper

* ベスパスペシャルコレクションと結婚式の出席♪。

本日は千葉県ユーカリが丘へ、ベスパの展示会の見学と、結婚式に出席をしてきました☆。
祝いの席なのでが、彼のことを思い出してしまって奥さんと泣いてしまいました。

展示会は各所で告知されているものなので、見に行った方も、ご存知の方も多いと思います♪。

b0146734_06212845.jpg
*ユーカリプラザ館内の各所にはベスパスペシャルコレクションのポスターが各所に貼られておりました☆。


b0146734_06212906.jpg
*会場には多くのベスパが展示されとりました。一つのテーマとしてベスパの様々なシーンでの使われ方だそうで、地域性、プロモーション、映画の中のベスパといろいろな表情を見せているベスパ達を見ることが出来ました。


b0146734_06212883.jpg
*結婚式会場には獅子舞も登場しこの幸せいっぱいの会場、私たちにも沢山分けていただきました☆。

実はこの展示会を企画したのは、結婚式の主役である台湾出身の新婦さんなのです。ユーカリが丘はこの方の勤めている会社が開発を行っています。様々な企画の中で今回ようやくベスパの展示会が実現したとお聞きしました。



More
[PR]
by somemore | 2017-05-07 23:59 | J-Tripper

* ワールドマーケット&ツーリズム2017。

5月の連休は所用により九州にいました。期間中息抜きと、北九州で開催されていた゛ワールドマーケット&ツーリズム”というイベントに行きました!。こちらは、世界各国の食や文化に触れることが出来るイベントで、世界にとどまらず日本各地の特産物なども見ることができるイベントでした。このイベントで特にFiera Italiana(フィエラ イタリアーナ)というイタリア市が目を引きました。

b0146734_06121238.jpg
*フィエラ イタリアーナのエリアでは緑・白・赤というイタリアンカラーのテントが立ち並び、屋内展示にも関わらずイタリアを感じることが出来る空間でした。

b0146734_06121109.jpg
*会場に出展されているピッツァもジェラートもケータリングとはいえ、本当においしかったです☆。


フィエラ イタリアーナではイタリア会館・福岡、イタリア文化会館・大阪も協力をしており、イタリア各地の名所をパネル展示がされておりイタリアの魅力を伝えていました。会場には会館の職員の方もいらっしゃり、イタリア人。別の方の紹介によりその方と少しお話をする機会がありました。私たちも昨年イタリアに行きました~と話し、フィレンツェから、ポンテデーラに~って話をすると、なぜ?ポンテデーラ??ということに(笑。私たちはベスパが好きで、ベスパの工場に行きましたと話をすると、ポンテデーラは小さな町だけれども、ピアッジオの工場、AMEDEIというチョコレート工場がありますね。と的確に。さすがにイタリアを伝えるために日本に来ているだけあり、そんな小さな町のこともよく知っております。

b0146734_06121269.jpg

b0146734_06121157.jpg
そんな会話の中で、やはり人々の生活の中で外すことができないのがベスパ・モペッドの存在。もちろん世代もあると思いますが、今回お話をした職員の方とはモペッドの話で少し盛り上がりました。ピアッジオが生産してきたCiao、SI、Bravo、Grilloの名前が出てきて、SIに乗っていましたと。それで、ボアアップしてね~と(笑。もちろん、私たちがイタリアで借りたベスパが壊れて~と、話をするとよく壊れるよね~と笑い話にも。

b0146734_06121275.jpg
*今回会場で見つけたこのSant'oroのオリーブオイル。プーリア州というイタリアの南の方で生産されています。このLeccinoはスパイスが効いており、お土産に買って帰りました。


もちろん、イタリア=ベスパだけではなく、モーターサイクルよりも自転車が好きという人も多く、そもそも乗り物に興味もないという方も多くいます(笑。以前、イタリア大使館に行く機会があったときは、大使館職員が子供のころのApeでの通学の話を聞くことができたりと、このようなイベントを通して話をしてみるとイタリアでの様子をいろいろと聞くことができるのでなかなか面白いものです。こんな話を聞いたことがあるがどうなの??イタリアに行ったときにこんなのを見たのだけれど何ですか??やイタリアでの交通事情などそんなお悩みも解決することができて、出展されているピッツァにジェラート、ワインでおなか一杯になりまたイタリアに来たくなるはずです(笑。

また、真夏のイタリアでジェラートたべたーい!。

[PR]
by somemore | 2017-05-04 23:59 | J-Tripper

* 海外から見た日本のベスパ。

海外のベスパ乗りとやり取りが増えるにつれて日本でのベスパの印象を聞く機会が増えてきました。
この1年半から約2年間の間に聞いたり、やり取りをした事を少しまとめてみました。

クラシックカー全般としては、日本はとにかく程度が良かったり綺麗な状態であることが印象的なようです。また、よく整備がされているようです。もしかしたら、そこは趣味の乗り物としての扱いが大きいからかもしれません。
その中で特に印象的だったのが“日本製のベスパ”。それは、アジア・ヨーロッパのベスパ乗りの複数から聞くことがあり、日本ではベスパがノックダウンで組み立てられたり材料から生産された経緯はないので、きちんと誤解ですと説明をしています。

b0146734_20325719.jpg
*ビンテージシリーズと題して、50s、100、125ET3 が日本で発売されていました。輸出向けのこの車体にはMade in italyという表記のステッカーが貼られ、梱包されていた車体には日本向けの表記がされているタグがありました。2017.04.14.

しかし、なぜ彼らは“日本製のベスパ”と誤解をしているのか。恐らく、誤解を受けるだけのベスパがこの土地にあるからだと思います。

話の中で、その誤解をされている“日本製のベスパ”のモデルがスモールフレーム・50s、100、125ET3という丸みを帯びたデザインのビンテージシリーズ(日本名)のようで、かつて日本でも絶大な人気を誇ったモデルたちでした。




More
[PR]
by somemore | 2017-04-14 23:59 | J-Tripper

* saint petersburgでの事件。

 4月3日午後、サンクトペテルブルグの中心部を走る地下鉄で爆発事件という痛ましい出来事が発生しました。サンクトペテルブルグと聞いて、直ぐに思い浮かんだのは先日日本を旅行し我々と食事をしバイクで一緒に遊んだ、サンクトペテルブルグのべスパクラブのメンバーと、ドイツSIPのメンバーの事。ちょうど日本から出国し、サンクトペテルブルグで滞在中というタイミング(ドイツの方はちょうどドイツに戻るタイミング)で起きた出来事で、なおかつ人々が集まる中心地で起きたことなので心配になりメッセージをしました。

 メッセージをして、直ぐに返事が来ました。私たちは無事だ!と。本当にホッとしました。


b0146734_2240962.jpg
*2017.03.19.


 地震や津波など自然災害もありますが、こういった事件も何時どこで起こるかわからないもの。それでも、こうして国境を越えて、同じ席でビールを飲んで食事をして、一緒にバイクに乗ってツーリングに出かけてと共通の趣味をこうして一緒に楽しめるのも国交があるからこそ、平和だからこそ。本当に尊い事だと感じています。
[PR]
by somemore | 2017-04-03 23:59 | J-Tripper


Scooter*Trip*Touring*Picnic*Eat*Shopping*Meeting*Friendship


by somemore

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
J-Tripper
KANPAI!
CHEERS !
KANPEI !
A LA VOTRE !
CHUKBAE !
YO !
CINCIN !
Prost!
ツーリングの準備
旅の計画
未分類

検索

外部リンク

画像一覧