* ScooterとbackpackでRoadtrip。

半世紀以上歴史のあるベスパブランド。イタリアで生まれたこのスクーターはイタリア・ヨーロッパだけではなく世界各地へ輸出されるに留まらず、歴史の中で各地で生産されていました。その結果、各地でベスパのファンも生まれ日常の足から趣味性の高いもの。そして、あらゆる層に大切にされている乗り物。また、オートバイに触れていなくてもそれを見れば、ベスパだよね。と、分かるくらいスクーターでは馴染み深い乗り物。

 このブログでは、私がベスパがかつて生産された国を中心に訪れ、そこにいる“ベスパ乗り”と乗り物を通して交流したものを書き残しています。そこでは暖かく迎えてくれる言わば仲間がいて、乗り物以外にもその国の人間性や文化、生活スタイルを肌身で感じています。また、コンタクトがあれば自分の住んでいるこの国で彼らにしていただいて嬉しく思ったこと、自分の生活時間を一緒に過ごして違った角度、新しい日本を発見をしてもらえたらと思っています。


= ブログカテゴリーの説明 =
J-Tripper(日本での出来事) 
KANPAI!(日本を訪れた方々との出来事)
CHEERS !(アメリカの出来事)
KANPEI !(台湾の出来事)
A LA VOTRE !(フランスの出来事)
CHUKBAE !(韓国の出来事)
YO !(ベトナムでの出来事)
CINCIN !(イタリアでの出来事)
PROST!(ドイツでの出来事)

= ScooterとbackpacでRoad trip =
 生活でフットワークを軽くさせてくれるオートバイ。中でもスクーターは便利な乗り物。そんなスクーターでも休日にはガレージに止めている愛車でツーリングに出かけるのもまた、非日常へ連れ出してくれる楽しい乗り物。とはいえ、空気や景色の素晴らしい場所へ行くには時間が足りない、都心の渋滞を抜けても戻るのもまた渋滞と、ガレージが出発場所になるとどうしても制約が生まれてきます。そこでよりフットワークを軽くさせ、オートバイで走る時間を楽しむのに、より大きなオートバイを所有してみたり、現地まで公共交通を利用し現地でオートバイを借りて出発する方法もあります。

 私もタイプが異なるスクーターを複数所有し、それらで近場から遠くまで出かけたり、時には空港へ向かい飛行機を乗り継いで現地でスタートさせることもあります。そのようなツーリングも今までに無い時間を生まれて楽しいものですが、細かなアイテムにもちょっと目を向けるだけでより一層楽しい時間を過ごすことも可能になります。しかし、そのオートバイの専用アイテムであったりバイクに乗っている時間のためではなく、公共交通を利用しての移動中や、その前後のバイクに乗っている時間、そして、普段のスクーター生活で使える旅行のアイテムを紹介します。ただ、メーカーや価格は記載していませんので、記事を参考にしてご自身のスタイルにあったものを探したり、購入店でご相談してチョイスしていただけると幸いです。また、レンタルバイクなどを利用する、そんなツーリングの方法も提案できたらと思います。

* コンパクトなギア。  使用頻度の少ないかさばる荷物はよりコンパクトに。
* ビッグなバッグ。 荷物を一まとめにし、スマートに荷物を預けましょう。
* コンパクトカメラ。 旅の思い出写真。
* アイディアと工夫の積載量UP。 出発前の準備の楽しみ。
* バイクで空港へ。  バイクで空港にアクセスできるのです。
* オフロードの準備。 景色も天気も変われば、道もみるみる変わります。
* ヘルメット入れにエコバック。 ちょっとしたときのヘルメットの持ち運びは身近なもので。
* ツーリングの予習教材?。 出発前に、気持ちが盛りあがるアイテム。
* 旅行のお土産。 それもまた、土産話になります。 
* 飽きないオートバイ。 乗っていてもつまらないオートバイは家に帰るのも早い?。
* ハンドルマウントステイ。  ナビやスマートフォンで地図などをすぐに確認できると便利です。
* キーチェーン。  鍵の抜き忘れ、落し物はドキドキします。
* スマートフォンケース すべての不注意からスマートフォンを守ります。
* ヘッドセット。 ツーリングの楽しみはみんなで。
* レンタルバイクの利用。 たまには電車や飛行機に乗ってツーリング。
* 国内レンタルツーリングの企画。 普段は足を伸ばせない所もこの時期に。



 きっと、一目惚れをしたり乗り継いだ末見つかった一台の愛車。バイクを趣味に乗る方であれば今所有しているバイクはそのような一台と言う方が多いかと思います。そんな愛車で一緒に色々な場所へ出かけたいのは皆さん同じ。自分の足となり楽しみの時間を共有することになる自分の愛車。自分のバイクだからこそ、出来るちょっとした施しが移動を楽にさせ、楽しくさせてくれる時間が増えると思います。近場のツーリングはもちろん、数日に掛けて遠くに出かける際に便利なアイテムを紹介したいと思います。このメーカーのこの商品が良いという表現はしていませんので、気になるアイテムがありましたら、お店や周りの方に相談したり、リサーチして自分にマッチするものをチョイスしてください。

*立体メッシュシートカバー。 これで真夏の蒸れ解消は間違いなし!?
* ヘルメットのベンチレーション。 頭を冷やして快適ライディング。

More
[PR]
# by somemore | 2017-12-31 23:59 | J-Tripper

* 作業中のBGM。

 以前、通勤中に会社の人にいつもどんな音楽を聞いているのですか??と聞かれた事があり、タイの音楽と答えると、どうもアジアンテイストあふれる民族的な音楽をイメージした様子。微笑みの国タイと聞くとそんな楽曲をイメージするのかもしれません。いつも作業中に流している音楽がタイの音楽だったりします。

 アジアンテイストあふれる民族的な音楽と言われると、タイで人気グループのノリの良いクラブミュージック。テレビやラジオから流れてくる音楽やトークでもいいのですが、頭に入ってくると何を話しているか聞き入ってしまって集中出来なくなったり、英語系も理解しようと頭が働いてしまい、、、。


b0146734_69253.jpg



 タイは何かと人のつながりでそれとなく縁があり、言葉も歌も丸みがありながらアップテンポでノリの良い曲も多く何よりも今の自分では何を言っているのかがわからないので、音として耳に入ってくるところが◎です☆。

 しかし、それらのグッツやメディアが日本ではなかなか手にとって買えないのがとても残念ですTT
[PR]
# by somemore | 2017-03-12 23:59 | J-Tripper

* ツーリングの出発前ミーティング。

 本日はツーリングの打ち合わせのため、当日一緒に行く方と西大井のライダースカフェで待ち合わせをし羽田空港国際線ターミナルへ。自分は来週の準備・予定を立てつつだったので、案内の資料もそこそこでしたがカフェで現地での動きや雰囲気を伝えるためのミーティング。

 現地の時間と空気感での中でのツーリングも楽しみですが、旅行雑誌を広げて小龍包や魯肉飯の写真を見てるだけで口の中が唾液でいっぱいになります(笑。

b0146734_625548.jpg



b0146734_6215291.jpg



b0146734_6215345.jpg



b0146734_6215562.jpg



b0146734_6215599.jpg



 東京はまだ寒いので春という雰囲気ではありませんが、羽田空港国際線ターミナル出発ロビーはすっかり桜のおもてなし雰囲気満点でした。日本を満喫した外国人が出国を前にもう少しだけ“日本”に浸れる雰囲気でした。普段の自分の生活からは日本にはこんな雰囲気名ところめったにないと思ってしまいますが、日本だな~と感じさせるくらい良くできていると思いました。

 そんなこんな、出発まであと一ヶ月と少し。
同行する自分もとても楽しみです☆。
[PR]
# by somemore | 2017-03-11 23:59 | J-Tripper

* 仕事をしながらでも海外ツーリング。

 クレタパブリッシングより3月6日に発売された「風まかせ No61」。今回この号は発売前から特集内容が気になっていた号でしたので、早速購入しました。巻頭の「若き日の情熱、いまだ失わず」と言う特集にある“仕事をしながらでも海外ツーリング”を早速読みました。ちょうど自分も仕事をしながら自分なりに海外ツーリングをしている中なので他に海外ツーリングを楽しんでいる人はどんな様子なのかとても気になったためです。この特集の内容は実際に読んでいただければと思うのですが、なるほどな~と思うところや共感するところ、そういえばとそんなことを始めた初めの頃の心境などを思い出したりしました。


b0146734_2245511.jpg



b0146734_22454988.jpg



 初めての海外バイク遊びは、モペッドの友達を通してのアメリカでのモペッドミーティングに夏期休暇を利用して参加したこと。その頃自分としては奇跡的に2回連続参加する事が出来、その日本とは違うところ、日本には無い空気感に本当に“ヤラれ”ました。その後実際に現地に渡ったのは台湾から始まり、ベスパクラブ等のネットワークを通じて足を運ぶ回数も幅も徐々に増えていきました。

 そもそもなのですがある年、自分とあまり年齢の変わらないイタリア人が自分のベスパで日本にやってきたのが気持ちの始まりでもありました。その事は、2013年1月20日発売のスクーターデイズNo25をチェックしてみてください。彼の“自分のベスパで日本までやってきた”と言う行動に衝撃を受け、自分もイタリアに行きたい!と思い始めてはみたのですが、その頃は色々と自分にはハードルが高すぎ平行線状態でした。費用は?スポンサー?仕事はいつ辞める?と。そういえばというところで、その頃バイクを日本から出すのにワールド・ツーリング・ネットワーク・ジャパンのホームページも良く見ていたなと思い出しました。一回目の台湾から帰ってきたところで、ユーラシア大陸を縦断してイタリアに行くと言う到達した達成感よりも世界中にいるベスパファンと触れ合いたいと言う気持ちに変わり、キリが良いところで?ベスパが生産された国を優先的に訪れてみようとなりました。一言海外ツーリングをしたいからツアーに参加してみようと言う方法もありますが、自分の場合はベスパに乗っていてベスパのネットワークが世界中にあったのでツアーに申し込まなくても行く先々で彼らとツーリングを楽しむことが出来ました。日本から出発する時の大半は一人なので、周りからは一人で??寂しくないの??なんて思われているところもありますが、行けば友達・仲間がいるのでそんなことは無いのです。


b0146734_22455112.jpg
*スクーターデイズNo25の表紙はこれ!。


b0146734_22455013.jpg
*なかなか彼と旅行の話を直接聞くことが無かったのですが、なかなか面白いイタリア人です(笑。


 なかなか、自分には○○制覇とか○○達成とかそこまで興味が無く、確かにそれをやり遂げてしまう人は自分には出来ないので尊敬です。そんな中、自分が出向いた先で自分の所有するベスパや、レンタルベスパ屋さんを紹介してもらったりと、何かしらの形で日本で乗っているバイクがそのままその土地で楽しめていること。バイクはある意味同じなのに、走る道路、時間、空気感はまるで違うのが個人的には面白いところです。現地の人と同じ時間を過ごすので、その土地のことをより肌身で感じることが出来ます。それだけ自分に感じて得るものがあり、彼らから与えてもらっているので自分も彼らが日本を訪れたら同じように味わってもらったらきっと日本の事ももっと肌身で感じてくれるだろうなと思い、一緒に食事をしたりタイミングが合えば一緒にツーリングに出かけたりする時間を作ったりしています。


 今回、この雑誌の特集を読んで、そういえば~と思い出すところが色々あってそれはそれで逆に面白かったです。それまでなかなか、深読みすることの無い“大人のバイクライフマガジン”ですが、普段からも自分よりも年齢の高い方とのお付き合いも多いです。しかし、文章にして読んでみると、皆さんこんな感じでバイクライフを楽しんでいるんだな~と思いました。まだ若いでしょとツッコミもありましたが、他の内容も含めてなんだか、この雑誌で落ち着いて読んでいられるようになってきたなと思っちゃいました(笑。
[PR]
# by somemore | 2017-03-08 23:59 | J-Tripper

* Bolognaよりサプライズな贈り物。

 家に帰りポストを開けてみると、小包が入っていました。宛名を見てみると海外。海外から小包が届く予定は無いけれど~と悩みながら、SNSで宛名を検索してみると発送相手が判明。先日、イタリアのベスパ乗りの方が日本のベスパのグッツが欲しいと連絡があったので(巷で購入が可能なスクーター柄のマスキングテープ)お手伝いをした相手でした。



b0146734_22342358.jpg



しかし、箱が妙に重たいなと思い早速封を開けてみるとなんと、Vespa70周年記念バージョンVENCHIチョコレートでした。しかも、日本で買うと少々値段の張る大きいサイズのもの!。しかも、赤色の缶だったのでよりその内容物には印象的で、本当にサプライズでした☆。


b0146734_22342464.jpg



b0146734_22342395.jpg



b0146734_22342288.jpg



 他にも彼の所属するVespaClubPordenoneのクラブグッツやベスパクラブイタリアのステッカーやピンなども一緒に入っておりとってもボリュームがありました。お互いウインウインにちょっとしたことだったのにここまでお礼をされるなんて本当にビックリな出来事でした。日本でまた面白そうなものがあれば彼に紹介をしてあげて、お互いにどこかのタイミングで実際に会うことがあれば食事でも出来たらなと思いました。きっと素敵な方だろうなと想像します☆。
[PR]
# by somemore | 2017-03-07 23:59 | KANPAI!


Scooter*Trip*Touring*Picnic*Eat*Shopping*Meeting*Friendship


by somemore

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
J-Tripper
KANPAI!
CHEERS !
KANPEI !
A LA VOTRE !
CHUKBAE !
YO !
CINCIN !
Prost!
ツーリングの準備
旅の計画
未分類

Facebook

検索

外部リンク